スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
十二月@駅
冒頭、
Iさん「誕生日普及委員」に任命されててうらやま。
Oさん、この前の懇談会で、この妄想ストーリーを披露して下さいました。
さすがまるでストーカーのようなかとちえ愛がなせるワザ。笑
とにかくとにかく、カトチエ師匠、happy b-bayでした!!


今回は、お久しぶりに採用で、うれしいクリスマスプレゼントみたいでした。




 ◆見たくない駅名がある あの頃の笑ってばかりの私がいるから



師匠のコメント:「泣いてばかり、ではないところに深さがあるなと思いました。」
そうですね。「泣いてばかり」に変えると反対の意味の短歌になりますね。
それにしても。
実際に、駅名(地名とかも)って、
自分の思い出からイメージが出来ますよね。




ストーリー化は、岡本雅哉さん!
別れる話。
女の子が抱きしめられて泣きそうになる展開に、
こちらも泣きそうになりました。



優秀作では、
夏端月さんのかわいい。「あたしの」って言葉がツボ。
ゆずちゃんのが切ない。「乗り換え」を入れる所がリアルだなあ。
わだたかしさんのは、うん、ストレートで男前短歌ですね。
小野伊都子さん、いいなぁしあわせ短歌♪
[2008/12/21 11:52] | かとちえ短歌ストーリー投稿 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<熱帯夜 | ホーム | 十一月@病院>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://amytanka.blog19.fc2.com/tb.php/30-a2648770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。