スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
十月
sora.jpg


夏は決まってまとまった休みを取り、遠出の旅行に出かけるからか。
暑さが遠のき、爽やかな風が吹き出す季節の頃は、部屋で過ごしたくなる。
十月の光は優しい。
焼けつくような日差し。剥き出しにしすぎた肩。蒸し暑かった花火大会。そんな夏の私を許すように、次の季節へと穏やかに連れ出してくれる。
柔らかく眩しい日光に、白く壁が輝いている。

厚口のマグに淹れたちょうどいい濃さのコーヒーは、少し温めだ。私はそれを時折口にしながら支度をする。手触りのよい白い綿のYシャツに袖を通し、肩につくほどの髪を緩くくくる。痛んでしまった毛先は、最近切ったばかりだ。クローゼットにかけてある服の中から、亜麻色のカーディガンを選び、鏡を前に私はそれを羽織る。
下ろしたての黒のストラップシューズを丁寧に履いて、鍵を持ち、玄関を出た。
たとえば山に登って紅葉を楽しむのでなく、秋はこの町を散歩するのが好きだ。

色づき始めた木々の葉を下から見上げる。
音楽はいらない。
耳を澄ませば、街路樹のプラタナスは、暖かな日差しの下で穏やかに呼吸をしている。
そして私もゆっくりと歩きながら、穏やかに呼吸し、秋の空気で肺を満たす。
土曜日の朝。
少しずつ暖色に町並みが染まっていくように、私は何かが始まりそうな、そんな素敵な予感がした。



 コーヒーと飾りのない服好きになる十月に少し美しくなる










<文章・写真:安藤ゆり  短歌:安藤えいみ>

今回は久しぶりに姉妹コラボです。
妹が少ししっとりとした世界観を書けるようになりました。




スポンサーサイト
[2011/11/25 22:42] | ショートストーリー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
骨董通り、コルテージア
ネックレス

空腹にワインは危険ネクタイをいきなりはずす男も危険

ガーリック入らぬ皿を選びおりキスで終わりにしようと思って

「イタリアに行きたいな」とか馬鹿な女子みたいに アクアパッツァを食べる


人よりも鎖骨の出ている肩を持つ女は情が深いという説

「ティラミス」の意味はどうでもいいけれどとりあえず笑ってあげている

靴音がうるさいヒールを履いてきてごめんね忍び逢う恋なのに


ブレスレット

[2011/11/05 14:17] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さよなら直島
さよなら直島


二泊だけ住んでいる町を見渡せば午前零時の雨は染みゆく

ようこそと言ってくれる看板のある町に来て誰とも話さず


靴あとを残して歩く砂浜で君の歩幅を思い出してる

指さきが透明になる鰯雲ケータイで撮って送らずにいる

いつの日かこの貝殻も砂粒にしてしまう波 時間という波


海神へ祈る島民そばにいて打ち明け話を私も聞いてる

名も知らぬ土地の神に祈る午後 あなたを真似て「僕は」とはじめる

名乗り合うが漢字を聞かずに行き過ぎてカタカナの名を持つ旅のひと


世の中に好きになれるものがまだ沢山あるから人は旅する

本州へ戻るフェリーは夕やけに溶けてなくなる さよなら直島






学生の頃、よく「半」一人で旅に出た。
「半一人旅」と言っているのは、大体はそこそこに住む友達に会いに行っていたから。

一度、愛媛と高知の知り合いに会うために、十日間の半一人旅に出かけた。
夜行バスでの往復。
途中、直島にも寄った。

そこはなんとも不思議な場所だった。
現代アートのミュージアムと昔ながらの漁村が調和しているから。

そして、実はなんと旅行直前に発覚したのだが、
直島には、父の知り合いの方の叔母様(遠い…)が住んでいて、
電話して訪ねると、とても暖かく歓迎してくれた。
こたつで食べた、お赤飯やみかん。
ちょうど秋祭りの日で、獅子舞やお神輿がいきなり路地から出て来て楽しく、小さな町は賑わっていた。

天気もすばらしくて、フェリーでの帰りみちはオレンジ色の夕やけに包まれた。

暖かく、贅沢な旅の記憶。
天気の良い秋の日に、時々思い出す。

[2011/11/03 23:38] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。