スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
at NY

あなたとの会話を完成させるため向かうホイットニー美術館

なにかこう焦ったような湿り気をまとって春はまつげを滑る

捨てられた自分でいるか愛される自分でいるか迷う夕方

ミルクレープ一枚一枚剥がしつつ昼間の夢をゆっくり食べる


Chrysler bldg


恋の始まりは、一人旅を孤独にさせない。
彼への土産話を考えるだけで全てが一層輝く。

「ホッパーの、ある絵の展示の仕方が素晴らしいんだよ。どう良いかは君なら分かると思うな」

散々美味しいレストランやらチョコレートショップやらを聞き出した時に彼は、最後にホイットニー美術館のことを付け加えた。

その美術館は、美術館だらけなのでMuseum mile と呼ばれるフィフスアベニュー沿いに立つ。NYで近代画と言えば当然MoMAが一番有名だが、こちらも劣らずに近代アメリカを代表する絵画が並ぶ。特にホッパーが充実している。

今回は仕事で来ているが、美術館の一つくらいは一人で見に行く時間が作れた。
4月の終わりの昼間は夏のよう。

その絵はすぐに見つかった。エドワードホッパーのWoman in the sun。
ベッド脇に立つ女性。右側に開け放たれたドア。彼女はその向こうの海を見つめている。抑えたな色彩と構図は、ヌードを静謐に見せる。ふと視線を転じると、横に細い窓があった。ちょうど絵の中と同じように、画面右側を自然光が淡く照らす仕掛け。面白い展示法とはこの事だろう。

笑顔になった私は、その場で彼に電話をかけたい衝動に駆られたが止めた。場所や時差だけでなく、私と彼との間には考慮しなければならない沢山のものがある。

だけど、夢想してしまった。絵と同じシチュエーションの私を。実際に起こりえる近い将来。

うーん。
だが今は、しばし頭を冷やす為に78丁目のLady Mまで歩いて行くことにしよう。
あそこのミルクレープは美味しい。


スポンサーサイト
[2011/04/24 11:11] | at the city | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。