スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ギンザgirl
red shoes

レペットのバレエシューズで日曜の空気を蹴って歩くトーキョー

必要に迫られないで伊東屋で便せんを選ぶ時のしあわせ

五個400円しかしないパンだけを買いに松屋に寄る午後3時

銀座から丸の内までウィンドウショッピング幸福な女子として

二丁目のドトールだったら寄るけれど五丁目だったら寄らない理由

結婚式見積もり書を見るカップルの隣に座る丸の内線





 バレエシューズと言えば、repetto。真っ赤なやつをすぐイメージしちゃいます。レペットといえば、日本での独占販売をルックが行うようになりますね。直営店が続々オープンとか。この春、ブリジット・バルドーだとかがお手本のフレンチルックが大流行の予感で、レペットもこの波に乗って売れまくっちゃうんだろうな。
 ちなみに最後の歌を「ギンザgirl」のくせに「銀座線」ではなく「丸の内線」にしたのも、真っ赤なバレエシューズとカラーをリンクさせるためでした。

スポンサーサイト
[2011/02/13 19:41] | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。