スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
cherry blossom
 男子目線で50首。
短歌って基本、作者自身が主人公になってしまうらしいけど、男子になりきって詠んでみた。こーゆーのもアリなのかな。小説なら普通だし、ね。世界観が伝われば良いです。(でもちゃんと男子目線になれたかな。。)

ギンガム

半袖のポロシャツを着て飛び出した 短篇小説読み終わったから
話してないこともブログに書いていて僕はきみを裏切っている
銃声のごとし真昼のマンションに布団たたきが反響していて
さくら咲くいつかの人の誘惑を思い出させる煙くゆらせ
カタカナと漢字の桜 ひらがなのさくら どれが好きなんですか
いつのまに満開になる並木道 いつもよそ見をしている罰に
何もかもヴォリウムの無い部屋になる白いものだけ食べたい四月
ざらざらとした気分にしかなれなくて太宰のレポートなんか書けない
聞き飽きた外国の曲をまた使うCMのどこが新CMかよ
六月に太宰は生まれて死んだらしい 勿論桜の咲いてない時期


幸せになれないという幸せのなかで人は心中出来る
武蔵野で入水自殺をした著者を思って食べるグレープフルーツ
いくつかの気のはやく枯れたさくら花 太宰に恋した女のような
四回の自殺 太宰は相当に嘘ばかり上手い男だと思う
検索にかければ百万人からの太宰の話を聞ける春の日
パソコンがフリーズしている数分間 短い恋しかしてないと思う
僕達にとってリセットする事は健康維持とニアリィイコール
人影の動く廊下が見える部屋 人と人との距離とは何か
跳び回る上の階の子どもたち 生きてることを主張されてる
出さなくちゃいけない課題を出さないで家でキャベツを切ってる幸福


返事だけして先生は消えてゆく 縦じまのシャツは冷たいにんげん
B4の抜き打ちテストが白すぎてサングラスしてもいいですか先生
四文字の言葉を言えずに四文字の解答欄を埋める四限目
優しさを太宰は道化と呼んでいて君への優しさ折りたたむ夜
あふれ出る怒りを錨に換えながら此処にいる為おもりが必要
その昔さくらの香りは奪われた 見た目がひどく美しい為に
「せつない」と「刹那的」の意味が似ているような気にさせている君
ローソンの立ち読みだけで飽きちゃって買わない雑誌のように別れる
明後日の予定も立てずに二年後の皆既日食見に行く約束
どうしてもそれを退かしてくれないか 未来に何度も咲くらしい桜

小花

一人だけ遅れて出したレポートのさみしさ染み込む茶色の廊下
喪失の本当の意味を知らせてるように見えた「遺失物」の文字
マン・レイの写真の写真を撮る人のいる東京都写真美術館
涙さえ無機質になる 上を向く女の写真シュルレアリスム
ひっかかる言葉について考える 携帯電話を壊せないので
モノクロが意識をさらう空間の人々をつつむ繭は銀色
切り取った世界が切なく震えてる ロバート・キャパの灰色の部分
約束は忘れてないから気が付けば考えすぎて嫌いになった
洗ってないトマトのように苦いという煙草をきみも吸い始めた春
その後に泣いてしまう君がいて 何かを壊した五歳児になる


孤独だけこの部屋に置いて出て行ったメンソレータム忘れるみたいに
起き抜けに昨日の珈琲飲んだ朝 二十年後に泣けるような絵
あの空を欲しがるように背伸びして五階のボタンを押せない子供
うららかな春を殺した十一時 喧嘩は朝にするものじゃない
溶けないで残った砂糖が微笑んでつぶやく「実は珈琲が嫌い」
きっとあと十年経ったら光文社新書に君を思い出さない
この春が君にやさしくあれば良い 口笛吹いて洗濯する夜
彩りを決めてモノは生まれ来る なんでピンクの洗濯ばさみ
Yの唄う春の曲はまだ聞けず他に流す曲を知らない
新しいハミガキ粉使う深夜二時 夏をひょいっと引き寄せてやる
スポンサーサイト
[2008/08/29 13:26] | 角川短歌賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なみだの海
ショートストーリー×短歌のコラボ人気に乗じて、わたしの妹、アンドウユウが、私の短歌に文章を付けてくれました。これから何作かコラボしていきます。妹共々よろしくお願いします。
みずいろ





「やっぱりさ、今日はやめといた方がいいんじゃない?」


 高速道路から降りてしばらくして、私は呟いた。
 水滴の付いた助手席の窓から外を見ると、風景全体が白くけぶっていた。正面を向けばフロントガラス越しに絶えず動いているワイパーが見えて、四車線の道路には次々と空から雨粒が落ちている。
「ちょっとぉ、今さら何を言ってんのさ」
「そうだよ、ここまで来て引き返したら意味ないでしょ」
 隣で運転をしている絵未と、後部座席に座っているゆっこが、私の言葉を受けてそう言った。私は「わかってるけどさ」と口を尖らせた。
 私たち三人は、朝から雨が降っているにもかかわらず海へ行こうとしていた。理由はいつか決めたルールの実行。「失恋したら皆で海へ行く」。ちなみに失恋第一号になったのはこの私だ。
 だいぶ前にこの三人で海へ行った時に約束したことだ。言い出しっぺは私。半分冗談で言ったつもりが、絵未とゆっこがはしゃいで同意した結果、私たち親友同士の新たなルールに加わった。その時私は「こういう約束って、言い出した本人が当事者になりそう」と笑って言ったのだが、見事に的中してしまったわけだ。


「にしてもさ、雨まったく止む気配ないね」
 後ろにいるゆっこが言った。
「天気予報じゃ、今日は一日中雨だからね」
 淡々と絵未が答える。私は何だかとことんついてない気がした。
「やっぱさ、雨の日に海に行くなんて無謀だよ。今日じゃなくたってよかったのに」
「いいじゃん、いいじゃん。面白いってきっと」
「春の海に注ぐ雨。ほら、ちょっとロマンチックじゃない?」
「えー、それ響きだけでしょ」
 実際は濡れるし冷たいし、ロマンチックどころじゃないはずだ。
「春の海って言えばさ、そんな日本の曲あったよね。渋いやつ、琴と尺八のさ」
 絵未が思い出すように言うと、ゆっこと二人して、「チャラララ」とか「ポゥオー」とか、お正月によく流れている曲を、下手くそな鼻歌で歌い出した。
 私はそれを聴いて笑いながら、でもどこかふっと、あまりに楽しげな空気に涙腺が緩んだ。どうもここのところナイーブになってるようだ。そう考えて、ちょっと明るくなっていた気分がまた落ち込む。
 けれど。
 私は視線を上向けて、落下してくる雨粒をたどり灰色の雲を見つめた。
「あっ、海!」
 突然ゆっこが叫んだ。その声につられ、私は窓の外を探す。雨のカーテンの向こうに、浅い青色に広がる海が見えた。
 海が見えた瞬間、絵未とゆっこのテンションはにわかに上がり出した。海水浴に来た子供みたいに歓声を上げている。太陽はないし海は濁ってて、とても海水浴日和じゃないが。思わず私は笑った。
 私は雨が降ってるのにもかかわらず、窓を開けた。雨が少し吹き込んでくる。けれど入り込む空気の中に潮の香りが混ざっていた。いや、それとももしかしたら雨が塩分を含んでいたりして。どっちか知らないが。


 なんだか、境界線が定まらない、雨が降り注ぐ海を見に行くのもいいかもしれない。
 三人で傘を差して。

  




親友の三人で決めたルール8 誰かの失恋の度に行く海






(text;アンドウユウ、tanka;安藤えいみ)

[2008/08/27 13:49] | ショートストーリー | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
レイニー・デイ
雨

小説の出だしの雨に少しだけ共感をして夕立が降る

引き留める言葉をためらう君の癖 降り出した雨を理由にしてよ

許される事はきっとどちらかで愛されている嫌われている

年下の男に惚れるくらいならこのまま雨に打たれていよう

さらさらと死海で採れたバスソルト 記憶喪失になりたい夕べ




関東はここのところ雨ばかり。肌ざむくて一気に秋をかんじます。
[2008/08/24 21:32] | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
同じ口癖
青いスカート

あの娘だともう気付いてた飲み会で君と同じ口癖を聞く
知っている分かっていたよと思い込むことで安心してる幼さ
あの娘なら笑顔で君を許すだろうそんな感じのスカート履いてる
渋谷から一時間は我慢してアパートのドアを開けたら泣ける
嘘が上手いところが好きなはずだった 半蔵門線が遅れている
君のその口癖がとても好きだった だから似ているあの娘も私も
[2008/08/20 20:57] | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
ゆれている

苺
会う度に好きと言ってくれる人 週末土日も呼び出せる人
着る服も時間も考えないで行くデートのほうが心臓に良い
ウェーブをかけてみたけどそれだけで喜びすぎるあなたが嫌い
いつもより無口になった横顔にキスの理由を急かされている
どうせなら血が出るほどに傷つけてみたくなって潰したイチゴ
からまったまま揺れているベランダのワイシャツにさえ共感している
[2008/08/20 19:40] | | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
八月@ファミレス
今回はざんねん選外。以下を送りました。

◆冷房を弱めるだとかキスだとかして欲しいのにいつも言えない
◆君からのメールを注文待ちに読む チョコバナナパフェが来たので削除



今回のショートストーリーはドリンクバーのエピソード。17杯ものコーラはキツそうだけども。せつない。


ところで、冒頭、かとちえ師匠がなんと私の質問に答えて下さっていました!!投稿数多い中ちゃんとメッセージ読んで頂けて嬉しいです。答えによるとびっくりドンキーファンとのこと。私はあまり行かないなあ。ひさしぶりに行きたいなあ。ファミレスではよくハンバーグ頼んじゃいますよね。


優秀作では、岡本さんと小野伊都子さんのがすきです。「もういいや」って発してしまう女子の行動わかるなー。たしかにいろんな意味があるんですよね、女子の「もういいや」には。笑 小野さんの短歌内の方、いいですねー。ほんといい人ってかんじ。ほのぼの。


あと、先日の8月11日読売歌壇の俵万智選にはじめて短歌が載りました!うれしい。

◆宇宙から冷凍されて送られてきたような敬語ばかりのメール
[2008/08/14 17:13] | かとちえ短歌ストーリー投稿 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
スクール短歌
イルカ
◆ カーテンが帆となる教室 船になる 窓の外には青い海原


天野慶さんのイベントに投稿したスクール短歌。私はいま大学生だけど、青春度満点のスクール短歌は難しかったなー。なんか抽象的になってしまったもの。見事ベストスクール短歌だったゆずさんのセーラー服の短歌はさすがでとても可愛かったです。
って、話題が遅すぎなのはすみません。
[2008/08/04 12:18] | その他投稿 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
宙ぶらりん
赤と紺、深緑
週末のお誘いは今日で締め切ります事前にお知らせしていませんが
最近の私と君はどうしてか会っていないし合ってもいない
あの日から考えないようにしてること君のこととかペディキュアのこと
ブランコにずっと乗ってるような日々 宙ぶらりんの私のこころ
[2008/08/03 19:59] | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
七月@プール
◆ビーサンの形に日焼けをするだろう君とわたしを今年も見たい


最近、唯一投稿を続けている「かとちえ短歌ストーリー」
ついに今月の作品に選んで頂きました!すんごいハッピーですすす


最近チャレンジしてるのは、「幸せ100%短歌」を沢山作っていくこと
どうしても幸せ100%の短歌って作りにくいから。やっぱり失恋だとかの時にせつない悲しい気持ちを持つと、それを処理する為に冷静な目で、時には皮肉な短歌にすることですっきりすることって多い。


でも、自分が読者の場合、幸せ100%も読みたいし、幸せって上手く表現すれば、伝染していくものだと思うし♪今回の短歌は珍しくほんわか幸せな気持ちだけで読めました。たくさん幸せ100%短歌を作っていきたいです。


それと、ショートストーリー中の彼の名前が「ケンタ」くん。。。。幼稚園の時、初恋だった男子と同じ名前でちょっとミラクルです!


そういや以前にもプチミラクルがありました。


「坂」がテーマだった時に、
◆ 函館の坂から海へまっすぐに跳び込みたくなるような失恋
を詠んだ私。かとちえ師匠から「偶然こないだ函館に行った」とのコメントを頂いて嬉しかったなあ。


ちなみに優秀作のなかでは、文月育葉さんとさかいたつろうさんとゴニオさんのが好きです
夏気分が盛り上がりますね♪♪
[2008/08/03 17:58] | かとちえ短歌ストーリー投稿 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。