スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
遠くにいても
tel.jpg


天気予報地図できみの住む町を探してしまう どこより先に

電話切る一秒後のこと考えて君につぶやく「さみしいね、今」

昨日から明日へ君へつないでく想いがあるからつないでいる手

スポンサーサイト
[2010/08/08 11:45] | | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
汐留にて

神様が薄いグレーの水彩を重ねた雨の煙るトーキョー

無人駅のような汐留駅で会う 別々のペアリング外して

海なんて多分一緒に行けないね「潮の香りがするね」と呟く

お台場と銀座の街を見下ろしてワイングラスの背景にする



night.jpg



[2010/07/30 23:40] | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
ばらの花
ばら


それなりに青春らしいことをして青春らしく別れた二人

僕たちの答えのひとつのような気がして聞いていた くるりの曲を

閉店と閉店 終点 終電を越えても僕たち手もつなげずに


[2009/08/30 22:30] | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
南青山、マックス・マーラ前
紺色のクツ

「ごめんなさい。遅れちゃいそう、少しだけ」「マックス・マーラの前にいるから」

お決まりの店 お決まりの褒め言葉 そんな恋でも良いかなと思う

コンソメのジュレをフォークで崩したら君のきらいなクレソン貰うよ

後ろから抱きすくめられてその腕にあった時計が0時を告げてる

今日飲んだシャンパンみたいな満月だ 帰れなくなるようなきらめき

[2009/08/12 00:02] | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
七夕
blue

星空の二人が逢える七月は いつもは寂しくないのにどうして

つり革に置いた指先マニキュアが剥げてる あなたに会えない七月

「ご無沙汰をしてます」いつもの出だしから結局続いてしまうのだろう

つま先を冷えたシーツに潜らせてあなたの帰る時間を遠くへ


[2009/07/11 23:38] | | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
yellow peach
きいろ

ピーチティー だって君の隣ではいつもか弱く可愛くいたい

頬染めた想いも一緒に溶かしてるはち切れそうな白桃のジャム



[2009/07/05 23:42] | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
おとぎ姫
green.jpg
天空のラプンツェルで居れば良い 誰にも会わない土曜と日曜

好きな木を見つけて秘密を話すというケルト人は習慣を持つ

夜という青い森で眠ってる姫でいようか百年間ほど
[2009/06/20 07:10] | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ジャンプ!
summer

悲しみに包まれたときに笑うため私達きっと出会ったんだね

「夢なんかもう無いよ」って言うくせに夕焼け空とか撮る君がすき

海を見るきみを見ていた せめて夏だけでいいから一緒にいたい
[2008/12/31 16:39] | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。