スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
知り合い歌集感想vo.2 ―伊藤夏人さん―
まずお詫び(もはや恒例)
この歌集を頂いたのはたしか三月の事だったと思います。。すみません話題が遅すぎで!

やわらかいと納豆 文庫風の装丁
今回は、伊藤夏人さんの歌集「やわらかいと納豆」からの一首。


 ・前年の気温と比べて少しだけ寒い明日に意味を持たせる  (伊藤夏人)




思えば、「映画など人の事では涙する君を私で泣かせたいのに」(第5回かとちえ短歌教室より)が最初に印象に残った、夏人さんの作品でした。この歌に以前好きだった人の記憶が重なって、以来私はいとなつファンです。


まずこの歌集、代表作が並べてあるだけなのに、全体のまとまり感がすばらしいです。
「鬼は外 あなたは家にいて下さい 今日から僕と暮らして下さい」
「味噌汁に何を入れるか迷ったら僕と一緒にアサリをとろう」

ああ、なんて優しさに溢れているの。こんなプロポーズされてみたい的な。終始「あなた」、「君」へのラブレターのようで爽やか。



さてさて、この歌、
歌集の中でもちょっと奥行きがあります。

「寒い明日」って嫌ですね。夏生まれ&冷え性の私からすると、辛い以外の何ものでもありません。まあここまではいかなくても一般的にネガティブになる「寒い明日」。
それに対して主人公は「意味を持たせる」という決意をしています。決意にも色々あって、人生恋愛だけじゃないですもんねー。学生の彼には明日マラソン大会があって、寒い中なら良いタイムが出せる!と思ってるのかもしれないし、重大な試験があって寒いからより集中して乗り切れるぞ!って思ってるかもしれない。

とにかくそこには決戦前夜の静かに燃える男性の瞳があります。


ただ歌集全体からすると、やっぱり素直に恋愛の歌として読みたい。
そうですね、「寒い明日」に彼は彼女に何をしてあげるのでしょうか。
全く話した事の無い気になる女子に、天気ネタで話しかけるのかもしれないし、
まだ微妙な関係の彼女の、冷え切った手をつないであげるのかもしれないし、
それに乗じてもうちょっと関係を進めることもできるかもしれない。
抱きしめて、彼女の待ちわびているプロポーズしてあげるのかもしれない。


なんてロマンチックな男の決意をさらっと詠ってくれているのでしょうと、女性なら皆惚れ惚れとしてしまうのではないでしょうか。さらに「前年の気温」とか回りクドく(すみません)言っちゃう感じが、インテリっぽい誠実な男性を連想してしまうのでまた好評価です。ミニマムな描写で男の舞台裏をドラマチックに見せてくれています。


これからの気温が下がってゆく季節の中、
この歌を思い出して、明日を少しドラマチックにロマンチックにしてみたいものです。




ちなみにこの歌集の絵と文字は奥様が担当されており、やはりラブラブlove letter歌集だなと思ってしまうのです。ごちそうさまでした!


伊藤夏人さんのblog 
「やわらかいと納豆  KAWARA屋の雨どきどき短歌」
 http://fujiken.mo-blog.jp/itonatto/
     更新頻度高すぎでいつ見てもたのしーです!!
スポンサーサイト
[2009/10/18 21:21] | 歌集の感想 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
知り合い歌集感想vo.1 ―こゆりちゃん―
いくつか手作り歌集を頂いて(or 借りて)久しいので、
今ごろ感想をお伝えするのはなんとも申し訳ないのですが、
とにかく感想、というか一首評を述べたいと思います。

まず、
こゆりちゃんの歌集
コユリノウタ」から。
コユリノウタ
 

 ・花嫁を撮るふりをして君を見た これが最後と三度思った (こゆり)



私はちょっと昔に「かとちえ短歌教室」で、こゆりちゃんの 【話しかけるほどでもないか4年前好きだった人と信号を待つ】 を拝見して以来のこゆり信者ですが、とにかく彼女の短歌は可愛い!!

女子は(男子もかな)たまに無性に思いきり恋愛映画やドラマを見たくなるものですが、彼女の短歌こそその気持ちにしっかりと答えてくれるものでしょう。時にせつない大人っぽいものもありますが、基本的に20代前半らしい若々しいキラキラした恋愛風景を詠み込んでいます。

掲出歌はその中では、せつない大人短歌ですが、そのさっぱりした大人目線に強く惹かれました。



とくに「三度思った」という最後の一言が効いている。
「強く」でも「何度も思った」のでも無い。

なんで「三度」なのよー??!!と思ってしまうけど、これは逡巡の中での「三度」なのでしょうね。それに三度思うなんて、そうとう強く決断しているということ。三度目の正直だもの。(?)

つまり、
「これが最後なんて思わなくてもいいじゃないのよ♪すきって気持ちは簡単には消えないわ」という悪魔の声と、
「いえいえ、これを最後にしないと、もうあなたは結婚したんだもの…」
という天使の声の間を揺れ動く乙女の気持ち。

好きという気持ちは消そうと思って消えるものでもないですものね。


もうこれをずーっと繰り返してきた。
結婚式の前夜からでもなく、
結婚式のハガキを貰ったときからでもなく、
婚約の噂を聞いたときからでもなく、
彼女と彼が会わなくなったその時から繰り返してきたこと。

何が天使の声だか悪魔の声だか、
正しいのか正しくないのかも分からないし、どうでもよくなった気持ちから出てきた一言のような一首。

誠実さとその裏にある切ない気持ちが見え隠れするドラマ性に私は惹かれるのです。




この歌集は、丁寧に手書きされた短歌(34首収録)が
コラージュで彩られていて、こゆりワールドが存分に楽しめる一冊です★
尚、この歌集は手作りで一冊のみなので、読みたい方はこゆりちゃんと仲良しになってお借りしましょう。

こゆりちゃんのblog
 「よい子とこゆりは寝る時間」
 http://ameblo.jp/koyuri-blog/

[2009/08/23 15:40] | 歌集の感想 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。